優しく雨は降り注ぐ【2019年冬至】

星読み・タロット

2019年12月22日13:19、冬至点を通過しました。
冬至とは太陽黄経が270度のときで、西洋占星術では太陽が山羊座宮に入る日となります。

今日は、毎回大人気のDELIGHTあきえさんの占星術のお師さんである「永沢蜜羽先生」による大人気の星読み講座 「冬至の星読み&2020年の幸運を先取りしよう!」 に参加しました。
ちょうど冬至の日に星読みを行えるというなんとも贅沢なイベント(*^-^*)
しかも、幸運なことに、一番前の席となりました。

今回も、前半は冬至の星読み、後半に個々のチャート読みとのスケジュール。
今回の冬至は、山羊座に太陽だけでなく、冥王星と土星が先行して山羊座に居り、更に今月始めに木星も山羊座入り(12月3日)という…なんとも山羊山羊した星回り。
金星が少し前(12月20日)に水瓶座に抜けていることが私的には救いだったりします(^-^;

私の中での印象としては、既に一昨年12月の土星山羊座入りの時から山羊座フィーバーは始まっており、昨年は本当に本当にシンドイ試練のような日々を過ごしていました(;∀;)
それも私のMC(社会的到達目標)に冥王星と土星が通過していたからなので、そりゃシンドイわ!!ってところなのですが。
MC上を抜けた今年は、若干楽にはなったものの、土星先生の試練は続き…やっと無事試験が終わったっていう感じではあります。
が、12月木星山羊座入り前後くらいから「来年は少しお財布の紐を締めねば」とか「もう少しスケジュール管理をきちっとしよう」などという気持ちが沸々と湧き出しているところです。

今回のチャート読みでは、急に始まったコンカツについて。
これについては別の記事にてUPしますので、ここでは省略しますが。
コンカツの時期としては、今は良い状態とのこと。
というのも、今の山羊座太陽と、私の出生の太陽と月が良い角度を取っているので、いいエネルギーが私に注がれているんですって♡
年末年始の活動はどうしようかなぁと考えていたので、これについては継続していこうかな、と(#^^#)

他は…もう3か月前から始まっている、私の家族間の問題。
これは両親との関係性もあるので、私のチャートだけでは読み切れないと…私のチャートにしても、もっと深く読んでいかないと答えを出すのは難しいのことでしたので、今後先生の予定を合わせて個人鑑定をお願いすることに。
まぁこの辺の話から、恒例になりつつある(?!)号泣状態になり、若干記憶があやふやなのですが…
実は、この「家族間」についてはもともと聞くつもりはなかったんです。
しかし、他の方のチャート読みの際、蜜羽先生がご自身の経験から得た星読みについてお話しくださって、「大変なことがあっても、これは何か良いことの前触れか?!って思えるようになった」とお話しされていて…
今、私の中でブワブワと浮上している辛いことも、良いことの前触れだとしたら、報われるなぁって思ったらじんわり涙出てきちゃって。
その後すぐに私のチャート読みになったので、止まらなくなってしまって、ね(^^;

今回の4天体+MC山羊座での冬至について、蜜羽先生は、
「確かに厳しい星回りではあるけれど、木星が優しい雨となって降り注ぐから大丈夫」
と仰っていて、その言葉通り、途中から雨が降り始めていました。

私にとっても、世間一般にとっても【試練】を与えられる時なのかもしれませんが、きっと暖かくなるころの、いったん土星が水瓶座に入る頃には、厳しい寒さを乗り越えた種が芽吹くのだと思います。

占星術は、私たちに与えられた厳しさについても示唆しますが、それと同時に希望も与えてくれる、心強いツールだなって改めて感じた、冬至のお話会でした。

今回のお話会主催のDELIGHTでは、 12月30日に再び蜜羽先生をお招きして
占星術ワークショップ:年忘れ☆ホロスコープ脳内会議
を開催するとのこと!!
今日、先生にワークショップの内容を伺ったところ…「私たちの中にいる、色んな【私】について、占星術を使って具現化する」んですって。
具現化して、自分の中で色んな【私】と脳内会議!!
先生の中には色んな戦国武将がいるらしいですよ(笑)
ワークショップではそんなお話も伺えるかも?!
まだ若干名の残席があるとのことですので、ご興味がある方は是非♪
勿論、私は参加します!(^^)!

写真は、 お話会前、あきえさんと外苑銀杏並木を散歩した時のもの。
来年は黄金色の並木を散歩しようね♡

Posted by 六花