点描曼荼羅作成レポート【2020.1.13DELIGHT篭もり部】

日常

昨日1月13日、DELIGHT篭もり部に参加してきました☆→紹介記事はこちら

今回の篭もり部は、ゆかさんレクチャーによる点描曼荼羅を描く会でした。
開催時間は11:00~17:00(最終入室16:00)で、お昼も持参で食べてもいいよ、とのことでしたので、何を買って持っていこうかなぁ…と考えていたところ、ふと「吉田パン」を買って持っていこう!と思いつき、だったら主催のお2人も食べるかなぁ?と連絡してみたところ、「食べるぅ~♪」と返答いただいたので、色々購入して会場へ。

あきえさんは、ナポリタン。
ゆかさんは、オリジナル野菜サンド+ポテトサラダ。
私は、期間限定のビーフサンド。
みんなそれぞれ「らしい」チョイス、そしてパンの思い出話をしながらランチタイム。

吉田パン。みっちりしているのが可愛い♡

参加者さんへの差し入れには、粒ピーナッツと黒豆きなこを。
私はイチゴジャムマーガリンが好きなんだけど、マーガリン好きじゃない人もいるしなぁ…と迷いに迷って、万人女子受けするきなこをチョイス。
それも「天秤っぽい」ってゆかさんに言われたり(笑)
皆さまに好評いただいた「吉田パン」は→こちらです☆

さて、本題。
ゆかさんから、点描曼荼羅のレクチャーを受けた後、壁側に設けられたテーブルに各々向かって、黙々と描き上げていきます。
点描曼荼羅の良いなって思ったところは「その時に集中する」ということ。
中心から外側に向かって描き上げていくのですが、「描く」となるとどうしても「作品」として全体を考えてしまいがちだけど、そうではなく、描くその場所のみに集中することが大事と…
それぞれの場所を描く時に気になった色、線や点の描き方、それを表現していけばいい、ということが凄く楽に感じました。

あきえさんが定期的にクリスタルボウルを演奏してくれて、その音浴も心地よく…
また、お年玉企画として、ゆかさんがアファメーションを作ってくれ、それもまた励みになり。

ゆかさんにカードを引いてもらって作ったアファメーション
「私は友達と一緒に夢中になって遊んでいます」

今回仕上がった作品たち。

皆さま「らしい」仕上がりです!素敵~☆

そして私の作品はこれ。

なかなかの仕上がりに大満足♡

今の時代、今の生活って、スマホで常にどこかと繋がっていて、常に頭がフル回転していて、情報が錯綜し、必要なものも要らないものも溢れている感じ。
また「ひきこもる」ことは良くない事と言われているけど、時には情報を遮断して自分の内に引き篭もることもあっていいと思う。
今回は点描曼荼羅というツールを使って、頭の回転も遮断させ、皆と空間は共にしているけど、それぞれ引き篭もっての作業は、とても楽しく充実した時間でした☆

DELIGHTのホームページでも篭り部レポートがブログアップされていましたよ!
DELIGHTブログ

Posted by 六花