自分年表のススメ【2021.3.11アストロ研究会】

星読み・タロット

少し前の話になりますが、2021年3月11日に森のユカフェのアストロ研究会「冥王星を味方につける」に参加しました。
森のユカフェは、占星術の師匠のひとり、友香さんのおうちサロンで、アストロ研究会は「星たちが教えてくれることを一緒に研究する場所」です。
森のユカフェのブログ「冥王星を味方につける」
森のユカフェ「アストロ研究会」ホームページ

今年の3月11日は東日本大震災から10年という日本にとっては節目の年でした。
しかし…被災された方々にとっては、10年なんて通過点でしかないのでしょうね。
東日本大震災が起こった2011年3月11日は、天王星が牡羊座に入る直前に起こった地震でした。
牡羊座は一番初めの星座…始まりのエネルギーはとても強いので、革命の星・天王星の力が増長されてしまったのではないか、と言われています。
まさにあの震災から日本は革命の如く色々変わっていくことになりました。

友香さんが今回のWS開催をこの日に選んだ理由は分かりませんが…この日に冥王星の事を研究することは、とても意味深いものだと思います。
冥王星は破壊と再生の意味を持つ星、ですので。。。

冥王星は太陽系の一番外側にいる星で、公転周期(星座をぐるっと一周すること)が247年、1つの星座を進むのに14~26年かかり、進みがとてもゆっくりな星です。
人類が冥王星を発見したのは1930年の蟹座に位置する時。
よって、それ以降の事例しかありません。

WSでは、自分のホロスコープの冥王星の位置から自分にどのように関わってきたのか、を読み解いていきました。
下のホロスコープは六花の出生図です。

私の冥王星は、天秤座6ハウスにいて、MC(社会の到達点)と90度とハードアスペクト。
天秤座は人間関係、6ハウスは仕事、を意味するので、ここに冥王星がいるとなると転職回数が多いことが読み取れます。
確かに転職は職歴欄には書ききれないほどです(^-^;
そして過去を振り返ってみると、人間関係が悪化して、体調を崩し、その場所で働けなくなって辞めるパターンばかりなんです。

また、トランジット(現在)の冥王星がネイタル(出生図)を通過していく際に色々変化が起こりますので、それがどのようなものだったかについても振り返っていきます。
現在、冥王星は山羊座にいますので、私のネイタルでは「DC天秤」「月天秤7ハウス」「天王星蠍7ハウス」「ドラゴンヘッド蠍7ハウス」「海王星射手8ハウス「MC山羊」の順で通過しています。

私はExcelで自分年表を作成していますので、それに照らし合わせて冥王星の運行を調べてみたところ、面白いことが分かりました。

DC/天秤座22度:冥王星1980~81年通過
この時期は木星・土星が天秤座が重なる「グレードコンジャンクション」でした。
つまり…この時期って冥王星とも重なっていた、ということになりますね!!

月/天秤座29度:冥王星1984年通過
となっています。
私の歴史と照らし合わせると、1980年ごろに足立区の実家に引っ越しをし、初めて猫を飼い、その猫が突然死んでしまった時期と重なります。
その後も2番目の猫、初めての犬を飼っています。

天王星/蠍座7度:冥王星1986年通過
ドラゴンヘッド/蠍座15度:1989年通過
この時期は中学受験をするために進学塾に通い、私立中学に通い始めます。
しかし、その後イジメに遭い、1990年頃から不登校に…。
さらに1991年に両親が離婚し、足立の家を離れることに…
冥王星ではありませんが、天王星が1991年頃にMC上を通過しています。
また、土星ハーフリターンを1990年に迎えていますので、今振り返っても色々と大変な時期でした…1991年に交通事故で足を骨折しているしね(+o+)

海王星/射手座13度:2000年通過
この頃は実父と世田谷に住んでおり、2002年に小鞠と小虎を飼うことに。
同時に1996年から6年間働いていたペットショップを辞めています。
理由は「ヘッドハンティングによる転職」だったのですが、その転職先が酷いところで…ちょっと騙された感があるかな(´Д`)
その頃よりうつ病となり不眠症で心療内科に通院することになりました…

MC/山羊座:2014~2016年通過
この時期は、今の会社に派遣として勤め始めた時期で、2016年に直雇用の交渉に入り、2017年に直雇用採用となっています。
また土星も2018~19年にMC上を通過、木星が2020年に通過しています。
今の会社に入ってから現在まで7年目…
バブル崩壊から始まって、リーマンショック(2009年)東日本大震災(2011年)という三大不況の中、就職は本当に大変でしたが、それ以降は転職することなく、継続して仕事が続けられています。
きっとMCを通過して過ぎたことがキーポイントかなって。

このように書き出してみると、本当に不思議。
友香さんは「冥王星は自覚がないので気づきにくい」と言っていました。
私も確かに「転職回数が多い」自覚はあったのですが、それが自分にどのように影響を与えているのかまでは気が付かなかった…

転職回数の多さは私にとってウィークポイントでした。
就職活動の中で、転職の多さはマイナスポイントにしかならない、と言われたこともありました。
一箇所にとどまりたいのに、なかなかそれができない…それは自身の自己評価をどんどん低下させていました。。。

そして最後に友香さんがpipカードを引いてくれました。
「あなたの強みはどんなところ?」
それは…色々苦労もしましたが、転職を重ね、色んな職場、色んな人と出会い、培った経験は、今現在の仕事に繋がっている、と思います。
今まで働いてきた人たちよりも今の上司は全然マシ、とか。
今まで働いてきた職場と比べたら全然ホワイト企業!!とか。
その経験がなければ、今の職場で今の仕事は務まらなかったと…(笑)
それも「天秤座6ハウス」っぽい冥王星のチカラだと思います(*^-^*)

友香さんは
「冥王星は自分の中にある、自分でも気付かないお宝…見せたくないものの中に財宝がある」
と、WSの中で話してくれました。

冥王星の厳しさは「よりよい未来のための破壊、そして再生」であり、「その破壊の中からお宝が生まれている」ことにも気づかなかったかも…
まさに「再生」ですね!

これから先の冥王星の運行は、
2023年3月24日に水瓶座入りし、何度か逆行を繰り返して2024年での運行を始めます。
そこでネイタルの金星と水星と重なることになります。
かなり先の話になりますが、2043年3月10日に魚座入りとなり、太陽と重なることになります。

冥王星単体だけでもこれだけの関りがありますので、他の星と関わったことも検証してみると色々出てくるかも。
まだまだ研究の余地がありますね!!

また、友香さんの星詠みの個人セッションに『冥王星のお宝を見つける』メニューも加えられたようですので、是非お試しになってみては?→友香さんの星詠みメニュー
友香さんは冥王星と深いアスペクトを持っていますので、今回の私のようにいろいろ深掘りしてくれると思いますよ~
あなたの中に眠る【財宝】を、是非探してみてくださいね☆
その時は、自分年表を作成することをお勧めします!!

Posted by 六花