「つぎ」のステージへ【2021.3.20春分(その3)】

星読み・タロット

前回の「つぎ」へ進むエネルギー【2021.3.20春分(その2)】
の続きです。

六花の三重円(2021年春分)

「癒したいもの、手放したいこと」を書き出すワークの後、三重円の解説を蜜羽先生に行っていただいたのですが。
手放したいことについては…
ネイタル(出生図:中央)の天王星(7ハウス:対人)とトランジット(現在:外側)の天王星(1ハウス:自分)が真向かいにあること、
またトランジットの天王星がネイタルのASC(アセンダント)を通過したこと(2017~2018頃)で「自分の在り方」が変化し、周りと関わる自分の在り方の変化が起こっている時期、らしいです。
「ホロスコープ勉強しているから、それ故の手放しかと思った」と先生に言われてしまいましたが…天王星のオポジション(180度)に実は気付いていなかったという…もう少し読みを深めていかなければ(^^;
また、ネイタルの土星4ハウスとトランジットの冥王星10ハウスが同じく真向かいに。
冥王星は「破壊と再生、変容」、土星は「制約、制限」を意味する星。
10ハウスは「社会での目標」、4ハウスは「家、基盤」を意味する場所。
すなわち、変容の総仕上げ、基盤の再構築の最中ですが、ネイタルの冥王星6ハウスとトランジットの土星11ハウスがトラインと優しいエネルギーが流れているので、厳しめになりがちな総仕上げですが、それほど苦しくないです(^-^)

癒しについては…
ネイタルの水瓶座/金星10ハウスとトランジットの牡羊座/太陽12ハウスが120度、
ネイタルの双子座/火星2ハウスと水瓶座/木星11ハウスが緩い120度、
なので、恋愛には良い時期♡と言われましたが…
トランジットの魚座/海王星12ハウスがネイタルの火星と緩い90度なせいか、まだまだ妄想の域を越えられない感じで…(^-^;
なので、もう少しだけ夢と妄想の世界を楽しもうかなって思っています(笑)

2014年に冥王星が、2017年には土星が、2020年に木星がMC上を通過していきました。
MCは「社会的な地位や目標、職業、理想」の到達点です。
2014年は今の会社に派遣で入社した時、
2017年は今の会社の雇用が派遣から直雇用に変わった時期、
そして2020年は家を購入して1人暮らしをスタートした時期…

星の如く生きているという実感は普段の生活で感じることはあまりありませんが、ホロスコープを見ながら過去の軌跡を振り返ってみると、星の流れの通りに進んでいるのだなぁと…不思議な気持ちに。
また蜜羽先生から
「土星の試練を経て頑張ってきたからこそ、今、次のステージへ向かう準備をしているんですね。」
と、言ってもらえ…
本当に色々あったけど、辛いことも多かったけど、ちゃんと歩いて進んできて良かったなぁ…って。

最後に2021年春分から「新しい夢、叶えたいこと」と「新しく始めたい習慣」をワークして終了。
私は本当に決めたことが継続できない質(ASC牡羊座:飽きっぽい(・∀・))なので、本当に低い目標にしておきました(笑)
「新しい夢、叶えたいこと」は…特別に思える相手と共にある生活、癒し癒され、愛し、愛される日々。
「新しく始めたい習慣」は…早寝!
最近、早く妄想世界に行きたいので、早く寝るようにしているんですよね~w
睡眠時間が増えたので、疲れ目が軽減したように思います☆
総合的には、楽しく楽な生活の2021年になるといいなって思っています(*^-^*)

グループワークは、色んな方の星読みも行われ、同時にそれぞれのお話を聞くことが出来るので、とても勉強になります。
もう少し星詠みの精度を上げたいので、自分で予習がてら星詠みし、講座で答え合わせをする…もう暫くは蜜羽先生の講座を受講していきたいと思っています(・∀・)

次回は4月に太陽回帰図の星読み講座です!
DELIGHTホームページ【永沢蜜羽先生 講座&イベントの予定】
私の誕生日は2月で、今年の太陽回帰は2月19日でした。
既に自分では太陽回帰図は読んでいるのですが…答え合わせが楽しみです( *´艸`)
(実は今年の太陽回帰よりも来年の太陽回帰が非常に気になっています…フライング!!)
またそのレポもこちらのブログでご案内したいと思います☆

講座が終わった後、家の二階から夕陽を撮ってみました。
春分は真東から太陽が昇り、真西に太陽が沈む日。
真西はあの辺か…と思いながら沈む夕日に感謝!!

Posted by 六花