猫たちが私の元にやってきた理由。

星読み・タロット

今日は「ミリの世界」ライブをリアルタイムで見ていました。
プレゼンターは桜井利朱さん→サロンのHPはこちら☆
今知った事実ですが…salonがある八幡山駅は7年前まで13年間住んでいた場所です!
びっくり~!!
利朱さんとは、昨年5月に開催されたイベントに、急きょ出展させていただいた事がご縁の始まり。
あのイベントから繋がったご縁は数知れず…
出展もイベント1週間前とかでトントンとお話が進んだのよね。
今ではFacebook上でペット飼育の同志としてお付き合いいただいています♡

さて、Facebookライブ「ミリの世界」ですが、今回は3回目。
占術師のバービーさんがゲストでした。
海外でご活躍されていたご経歴と、占星術や手相など色んな知識をお持ちの、笑顔がとても素敵な女性でした♪
利朱さんのご友人らしく気風が良い方、というのが映像を見て感じた私の印象です。
今回のライブはリアルタイムで視聴することが出来ました☆

「ミリの部屋」では、いつも腹落ちする言葉を沢山頂くのですが、今回は占星術を学ぶ身として凄く勉強になりました…言葉の選択とか、星の読み方(視点)とか。
利朱さんもバービーさんもご自身で経営していらっしゃるので、その視点や考え方も勉強になったな。

その中で鼻がツンと涙が溢れそうになったペットのお話の中で、私の猫たちとの出会いを掘り下げてみようと思います。

猫を飼うのは幼稚園の年長くらいからなのですが、私自身が飼い主として飼うのは26歳の時でした。
当時勤めていたペットショップに、子供が生後間もない仔猫を拾ったと持ち込んできた1匹を引き取ったのですが…残念ながら引き取って7日間で虹の橋を渡ってしまい、もう悲しくて寂しくて、里親掲示板で仔猫を探したところ、ご縁があって小鞠と小虎を引き取ったのが私の猫飼い人生の始まりです。

今回の「ミリの部屋」でペットのホロスコープ話が出てきたので、私も小鞠と小虎の星読みをしてみました♪
幸いなことに小鞠と小虎は、元親さんのお庭で生まれたので、生年月日がはっきりしているんです。
そして朝起きたら生まれてたと言っていたので…大体この時間だろう、と推測もできました。

私と小鞠の相性図

私の冥王星と小鞠の太陽がオポジション
私の太陽と小鞠の天王星がオポジション
私のACと小鞠の太陽がコンジャクション
私のMCと小鞠の月がコンジャクション
…小鞠と小虎は運命に導かれて私の元へやってきたんだなってことが分かります。

事実、私はこの年、6年間務めたペットショップを退職することになったし、移った先のペットショップでトラブルがあり、その先長く精神的にダメージを受けた時期となりましたので、自身の分岐点にあたります。
小鞠たちが私の元に来なくても恐らく転職やらはあったのだけど、小鞠たちがいなかったら恐らく乗り越えられなかった試練だったと思います。

他にも小鞠と小虎に関しては、私の人生の中で色々思い当たることはあるのだけど…
今はまだちょっと文字に起こすのは難しいので、今は控えさせてもらいますね。
言葉では話すことはできるので、興味があったら声かけてください。

ちなみに、引き取って7日目に虹の橋に渡っていった子(命ミコトと名付けています)は、小鞠たちがこの世に生を受けたあたりに亡くなりました。
命もまた運命の子だったのだと思います。

今回のミリの部屋では、こんなことも占星術で知ることが出来るんだ、と気づくことが出来た、貴重な学びの場となりました。
利朱さん、バービーさん、ありがとうございます(*^-^*)

Posted by 六花